欲求不満でエッチに飢えた女性が本当にやってきた。

雑誌の三行広告に載っていた交際クラブという風俗へ電話をした

不況の影響で残業が減っちゃったとか、収入の不安定な派遣社員のコが多いですね。ただやっぱり、毎日専門にってのは皆さん嫌なんですよ。1週間に1回くらい、お小遣い稼ぎって感覚がいいみたいですよ」とりあえず原稿の締め切りまで日にちもないので、「明日にでも会える女性」という条件で、セッティングしてもらうことにした。「この方なんてどう?写真より全然キレイな方ですよ」オバサンはファイルを開いて、僕に見せてくる。

〈佐藤あゆみ・33歳。OL。独身。身長158センチ、体重48キロ、趣味テニス、旅行〉肩まで伸びたストレートの黒髪、写真では細身でこれといって特徴のない無表情の女性であった。「ねえ、してほしいでしょ?」翌日、夕方6時。新大久保駅の改札を出たところで待っていると、非通知で本人から電話がかかってきて、指名した女性「あゆみ」が到着した。肩ロフリルの黒のワンピース姿。女性ファッション誌の付録に付いていそうな布製のブランドバッグを持ち、暑そうにハンカチで汗をぬぐっている。

タレントの磯野貴理をキャバ嬢風に若くした感じで、一見気が強そうだが、見た目は悪くない。「じゃ、行きましょうか?どこかこの辺で知ってるホテル、あります?」挨拶すると、あゆみはそう言ってきた。会っていきなりラブホテルへ直行。蒸しかえる夕闇の街をそぞろ歩き、小酒落たラブホテルに入った。部屋に入ると、ふうーとあゆみの表情が緩んだ。「あのオバサン、元気でした?最近までずっと入院されてたらしいんですよ。アタシ、1年くらい前に登録してて、プツッと連絡が途切れたんです。
私が働いているのは、難波にある稼げる梅田フェチ求人というお店です。ここは他のお店よりも特殊なサービスがあるのでお給料が高く、稼ぐ子だと月100万円以上はもらっています


「わたし、外よりも中が好きなの。指入れてください」2本指で掻き回すと、部屋にクチャクチャと卑狸な音が響く。ゴムを付けてバックから肉付きのいい尻を突いた。「アタシのことは気にしなくていいからね。好きな時にイッていいからね」正常位になってお腹の上に射精し、ゆうこと一緒にお風呂に入って、帰り際に約束のお金を手渡した。

「やさしい人でよかった。私にとってはね、こんないい話、あんまないって思ってる。ありがとうございます」ゆうこはそう言ってお金を受け取った。彼女の言う「こんないい話」の意味が僕にはまったくわからなかった。「バイバイ。またどこかで会えたら」ゆうこは小さく手を振って帰っていった。その後ろ姿はどことなく寂しかった。
新着情報

2013/10/09 注目記事を更新しました。
2013/10/05 新着記事を更新しました。
2013/10/04 Eカップを更新しました。
2013/10/01 大きな乳を更新しました。
2013/09/29 愛想のいい奥様を更新しました。
2013/09/27 色っぽい大人を更新しました。
2013/09/26 雑誌の三行広告に載っていた交際クラブという風俗へ電話をしたを更新しました。
2013/09/23 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
上野風俗コンプリートラウンジシティヘブン
街中の完全素人娘エステ、清楚でお姉様系ヘルスを展開簡単に風俗情報を検索できるポータルサイトです。全国のヘルス、デリヘル、ソープ等の風俗情報を配信中!